1. >
  2. >
  3. クラウドによって未来はどうかわるの?

クラウドによって未来はどうかわるの?

私たちの生活に影響は?

クラウドによって、私たちの未来はどう変わっていくのでしょうか。
クラウドが今後どうなるのか、どんな未来を迎えるのか、そのようなことについてかんがえていきたいとおもいます。

クラウドが広がることにより、私たちの生活はどう変わっていくのでしょうか。

東日本大震災の教訓

クラウドは以前から注目されていましたが、東日本大震災がおきてからさらに注目されるようになりました。
どうして東日本大震災以降にクラウドがちゅうもくされるようになったのかというと、東日本大震災では台帳が流されるなどの被害があったからです。

災害の爪痕

台帳が流されてしまうと、その町にどんな人がいたのかという情報まで解らなくなってしまうでしょう。
このことから、不測の事態であってもこの様なことにならないようにクラウドの存在が注目されています。

クラウドを使って台帳を管理しておけば、万が一パソコンが燃えたり流されたり…ということがあったとしても、きちんと資料を確認することができます。

ただパソコンのデータにするだけでは、流されたら終わりでしょう。
でも、このクラウドに保管をしておくことで、万が一の時でも流されてデータが破損するということがありません。

このような使い方もされていくのではないか?と多くのところで言われるようになっているようです。
確かに、ありえない話ではありませんよね。

このように、クラウドがもつ可能性というのは非常に大きいものなのです。

公共事業に使われつつあるクラウド

今の政府は、公共分野でのクライド導入に力を入れているようです。

自治体で使われているのも、もちろんですがそればかりではなく農業の分野や教育の分野でクラウドが使われることも多くなってきていて、「私たちの生活になくてはならないもの」として定着しつつあります。
この様に、クラウドは本当にいろいろなところで使われるようになっています。

クラウドがあるおかげで外で仕事がしやすくなり、在宅勤務の可能性も広がっていくと言われていますよね。
在宅勤務という新しい働き方をすることができれば、子供がいる女性でも自宅で仕事をすることができるかもしれません。

このように、クラウドは私たちの生活をどんどん変えてくれる存在なのです。
今後も、クラウドの未来に注目した上で「どのようなサービスがあるのか、利用できるのか」についてかんがえていきたいものです。

これからの若いひとは、クラウドの存在を当たり前にいきていくのでしょうね。