1. >
  2. >
  3. クラウドの面白い使い方って?

クラウドの面白い使い方って?

クラウドの面白い使い方

クラウドは、今や本当にいろいろなところで使われるようになっています。
そのなかでも、クラウドの面白いサービスについてご紹介をしてみましょう。

写真を保存しておく

2011年3月11日に東日本大震災が起きた時、津波が多くの住宅を襲いました。
その結果、家や人、思い出の品…いろいろなものが流されてしまったのです。

あっというまに大切なものが瓦礫になっていったこの災害…日本人にとって、決して忘れることができない日となるでしょう。
あの震災が起きた時、多くの家庭から写真が流れ出ました。

大切な子供の写真や動画が流れ、または泥で汚れ、みることができなくなってしまったのです。

写真

写真は、見つかったものはすべてボランティアや関係者の手によって綺麗にされ、持ち主の帰りをまっていますが、その膨大な量から自分の家の写真を探すというのも至難の業になるでしょう。

そのことから、探せずそのままになっていまっているというケースもあるはずです。
そんな写真を、ネット上のクラウドにアップしておくという方法があります。

今は、多くの写真はデジタルカメラで撮影されていますよね。だからこそ、そのデータをネット上にアップロードしておくのです。

クラウドに保存しておけば、たとえパソコンが津波で流されても壊されても、きちんとネット上にデータが残ります。
万が一の時でも、きちんと思い出の品を守ることができるのです。

パスワードさえ覚えておけば、新しいパソコンに交換をしたとしてもしっかり使うことができますので、ぜひともこの方法で大切な思いでを守って行ってください。
あなたの過程の大切な思い出を、この方法で守ることができるようになります。

外で仕事ができる

クラウドを上手に使うことで、外でも十分に仕事をすることができます。
クラウドがあれば、仕事先と自由に仕事をすること可能になりますので、仕事を家だけに限定する必要がなくなるでしょう。

この様なことがあるので、クラウドのメリットは大きいと言われているのです。
今でも、、家で行う仕事というのは多くのメリットがあるものですが、クラウドがもっと広がることで「自宅で切る仕事」というのがますます主流になりそうですよね。

このように、実はクラウドというのは本当に面白い使われ方をしています。ぜひ、このような使い方以外にも面白い使い方を作ってほしいですね。