1. >
  2. >
  3. 実際にあった情報漏えい事件について

実際にあった情報漏えい事件について

多発している情報漏えい事件

最近は、いろいろなところで情報漏えい事件が起きていて、ネット上の安全性に不安を感じている人が多いです。

情報

たしかに、住所や名前や電話番号と言った情報が第三者に知られてしまうのは怖いことですよね。
では、そんな情報漏えい事件について書いてみたいと思います。

ベネッセの情報漏えい事件

やはり、最近で一番大きな情報漏えいといえばベネッセの情報漏えい事件ではないでしょうか。
こどもちゃれんじや進研ゼミ、ネット上の掲示板であるウィメンズパークなど、多くの機関を運営しているベネッセから流出した情報は、なんと2000万件以上。

過去に退会した人の情報まで広まってしまっているのではないか?と言われるほど、大きな問題となりました。
情報漏えい事件は本当に多く起きていますが、それでも2000万件以上の情報が流出してしまったというのは、衝撃をもって全国に伝えられました。

ウィメンズパークでは、そこにしか登録をしていない情報でDMなどが自宅に届いた人がいたため、「ベネッセのウィメンズパークから情報が流れたのでは」とうわさされていました。

さらに国内を驚かせたのは、ベネッセの情報を流出させたのはウイルスでもハッカーでもなく、関係会社の社員(SE)だったということ。

自分の借金を支払うために、ベネッセの個人情報を数百万円で売ったと供述しているようです。
いくら企業側が厳重に情報を扱っていたとしても、これでは防ぎようがありません。

ベネッセのような大きな企業でこの様に大規模な情報漏えいがおきたことは、日本を震撼させました。
もう二度と、このような情報漏えい事件がおこってほしくないですね。

その他の情報漏えい事件

他にも、いろいろな情報漏えい事件が起きています。
たとえば、OCNでは不正ログインがあり、ポイントを勝手に使われてしまうという事件がありました。

また、USBなどを紛失してしまったケースも相次いでいます。
病院などのデータだと、このデータが流出してしまうことで患者の個人情報が流れてしまう危険もあり、本当に危険なことが解っています。

この様に、情報漏えい事件というのは本当に数多く行われていて、おどろくほど。
そして、データをハッキングされるなどの被害だけでなく、人の手で流出や紛失がおきているケースも非常に多いということです。

いくら厳重なセキュリティをかけたとしても、これでは意味がありません。
もっと個人の意識を高めないと、情報漏えい事件はさらに増えていくでしょう。