1. >
  2. >
  3. はがきを用いた宛名の書き方

はがきを用いた宛名の書き方

一般的なはがきを用いて宛名を書く

簡単なあいさつや紹介、招待などを行う時には、便せんに封筒というスタイルよりもシンプルなはがきを用いることが多いものです。
中でも、ビジネスや通常の季節のあいさつなどでは、縦型で郵便番号の枠が書かれた規定のはがきを用いることが多くなります。

その際には、当然、縦書きで宛名を書くことになります。
縦書きの手紙は、よりフォーマルな印象を与えますので、ビジネスではこの方法で書くことが一般的となります。

規定のはがきでは、郵便番号の枠がありますので、その中に郵便番号を書き、左上に切手を貼ります。
一番右側から相手の住所、中央に相手の名前、左側に自分の住所と名前を記入していきます。
住所の長さにもよりますが、たいていの場合は市町村名までを一行に書いて、その下の住所を二行目に書きます。

そして、相手の名前を一番大きく中央に書くことを意識します。
自分の住所や名前ははっきりと分かるように書きますが、小さめに書くことが大事です。

ある程度親しい人には横書きで書いてもOK

縦型のはがきであっても、宛名を横書きで書くこともできます。
この場合は、友人やある程度親しい人に向けたもので、より柔らかい印象を与えます。
郵便番号や切手の位置は縦書きと同じようにして、その下に線を引くなどして住所などとの境界を設けることができます。

上から相手の住所と名前、下詰めで自分の住所と名前を記載します。
やはりここでも、相手の名前が一番大きくスペースの中で中央に来るように意識して書きます。
相手の名前と住所をより大きく書くというのは、配達する際に分かりやすくするだけでなく、相手への敬意を示すものとなりますので、たとえ長い住所であったとしてもその原則を守るようにしましょう。

ポストカードの場合はバランスを大事にする

旅行先などからポストカードを送る際には、表に自分と相手の名前や住所を書くと共に、メッセージもすべて入れることになります。
そのため、かなりスペースが限られてきますので、スペースを大事にしてバランスよく行を配置して書くことがポイントとなります。
横書きでも縦書きでも、通常のはがきのあて名書きと同じような順番で書いていきます。

全体的にスペースを節約しなければなりませんので、文字を小さくしてできるだけ詰めて書くことが求められます。
相手の名前が目立つようにその分の空白をしっかりと開けましょう。

海外からポストカードを送る際には、英文表記も必要となりますので、余計にスペースを使うことになります。
書いていくうちにスペースが足りなくなるということがないように、事前にある程度スペースを計算して配分しておくと良いでしょう。