1. >
  2. >
  3. 注意するべき忌み言葉について

注意するべき忌み言葉について

おめでたい場面で避けるべき忌み言葉とは

手紙を書くにしても、何らかのお祝いの言葉をかけるにしても、日本では忌み言葉と呼ばれる、避けるべき言葉があります。
いわゆる縁起の悪い言葉ということで、せっかくの機会に水をかけるような失礼な行いとなってしまいます。
もちろん、悪いことを連想させるような直接的な言葉もありますが、遠回しに縁起が悪いとされる言葉もありますので、それぞれのシーンで使わない方が良い言葉を把握して避けるようにしましょう。

たとえば、結婚や出産の際のお祝いごとに関連する忌み言葉があります。
結婚関連では、別れるということを連想させるような言葉、結婚を再びしなければならないようなイメージを与える言葉は忌み言葉となりますので、十分な注意が必要です。
例としては、切れる、壊れる、離れる、短いなどの言葉は結婚関係が終わってしまうような印象につながりますし、再び、たびたび、今度こそ、再出発などは結婚がもう一度必要になるかのようなイメージを与えることになります。

出産関連の忌み言葉としては、死をイメージさせるような言葉が忌み言葉となります。
たとえば、流れる、去る、短いなどの言葉は、出産に関係して悪い印象を与えますので、他の言葉に置き換える工夫が必要となります。

お見舞いやお悔やみの際に気を付けるべき忌み言葉

おめでたいシーンだけでなく、お見舞いやお悔やみの際にも十分に言葉を選ぶべきです。
たとえば、お見舞いの際には病気などが長引く印象を与える言葉は避けるようにしましょう。
具体的には、重ねて、再び、辛い、長い、続くなどの言葉となります。

どなたかが亡くなってお見舞いの言葉をかける時には、やはり不幸を連想させるような言葉がタブーとなります。
失う、終わる、切れるなどの言葉は死を連想させますし、再び、再三、長引く、長いなどの言葉は、不幸が再び起こってしまうということをイメージさせますので、やはり避けるべき言葉とされています。

自分の言葉を見直して忌み言葉を使っていないかを確認する

このように、場面によって様々な避けるべき忌み言葉があります。
意識していないとつい使ってしまうような言葉もありますので、あいさつや文章を作ってから、改めてその言葉をチェックしなおして、ふさわしくない言葉が入っていないかを確認するようにしましょう。

また、第三者に読んでもらうのも助けとなります。
自分では大丈夫だと思っていた言葉が、意外にも相手を傷つけたり良くないイメージを与えたりしてしまうこともありますので、客観的な意見を尋ねることは賢明です。
せっかくのお祝いの言葉や気遣いの言葉が、ちょっとした配慮不足で相手に嫌な思いをさせてしまう可能性もありますので、こうしたことをきっちりと考えるのはとても大事なことなのです。