1. >
  2. >
  3. 一筆箋の基本的な形式とは?

一筆箋の基本的な形式とは?

簡単なメッセージを伝えるための一筆箋を上手に使う

一筆箋は、便せんで手紙を書いたりはがきを送ったりするほどではないものの、簡単なメッセージを伝えたいという時に重宝するものです。
カード形式の小さなものが多く、手のひらに収まりますので、いろいろな形で利用できます。
そのまま相手に渡してもいいですし、何らかのプレゼントや書籍、書類などと一緒に渡すこともできます。

ちょっとした気遣いを示すことができますし、同僚や友達、家族などに感謝の言葉などを伝えるのにも適しています。
あまり改まったものではないので、より自分の気持ちが伝わりやすく、共感してもらいやすいというメリットがあります。
また、簡単に作れるものですので、さっと書いて渡すだけで済み、手間をかけることなく相手への配慮を示せるというのも大きな利点です。

それほど形式に厳しい決まりはない

一筆箋はメッセージカードの一つだと思えば、それほど固く考える必要はありません。
そのため、自由にメッセージを伝えることができます。
あえて基本的な形式といえるものを挙げるとすると、あいさつに本文、結びの言葉を入れるということでしょう。

あいさつでは、相手の名前を入れて簡単な言葉で時候の挨拶や相手を気遣う言葉を入れます。
そして、本文には何らかの招待をしたいことや、感謝の気持ち、連絡先の通知など、伝えたいことを書きます。
一筆箋はとても小さな形になりますので、できるだけ簡潔な形にして短い言葉でも考えが伝わるようにするのがポイントです。

結びの文では、しめくくりのあいさつをして、自分の名前などを記すのが一般的です。
とてもシンプルな内容となりますので、事前に何を書くかを考えないと、スペースが足りなくなってしまいます。

そのまま渡しても良いが小さな封筒に入れるなどの配慮もできる

一筆箋は便せんとは違いますので、そのまま渡しても失礼には当たりません。
しかし、その場で読んでもらうのではなく、後で読んでもらうというケースでは、小さな封筒に入れたり、透明のビニールケースに入れたりして渡すと配慮が伝わります。
プレゼントなどと一緒に入れる時には、リボンなどの装飾を付けても良いでしょう。

また、最近では無地の紙だけでなく、いろいろなきれいな模様が入った一筆箋が販売されています。
TPOを考えながらも、それぞれの好みに合ったものを選んで、彩りのある一筆箋を渡すのも良いでしょう。
きれいなものだと、心がこもっている感じが伝わりますので、より一筆箋を書く目的に役立ちます。

簡単なカードだとはいえ、自分の気持ちを伝えるのに効果的なものですので、心を込めて書くようにしましょう。
小さいからこそ、配慮がよく見えてくるものです。