封筒

宛名

一般の人への宛名の異なり、法人の場合住所には建物名があり、さらには企業名と部名、課名があり、最後に担当者の名前があります。

封筒

何行にもわたって書かれるため、それそれの行の頭をどの位置にするのか悩ましいところです。
一般的には、住所の隣に記載される建物名は二行目のかなり下の位置になります。

社名は株式会社や有限会社などの法人格を省略してはいけません。

さて、企業名は住所よりも上の位置にすべきか、それとも同列なのか、下なのか記載する時に躊躇しがちですが、住所の2文字目と同じ高さから始めます。

部署名は企業名と個人名の間に小さな文字で書かれ、頭の位置は企業名の3文字あたりが妥当です。
最後に書かれる名前は、苗字と名前の間にスペースを入れ、苗字の頭は企業名よりも半文字下から始めるとバランスが取れます。

ここで気を付けるのは、相手に部長や課長などの役職がある場合です。
相手の名前の後ろに役職を入れるのは間違いですので注意が必要です。

例えば技術本部技術部長宛のレターの場合、部署名の欄に技術本部技術部部長と記載し、名前は登場通り氏名に様づけとします。

封書の裏

差出人が誰であるかは必ず明記します。
邦人であれば郵便番号、住所、建物名、企業名、部署名、名前は必須です。
また、右上に投函する日付を記載します。

封等の封の部分に「〆」もしくは「封」を書き、封印の証としますが形式的なものです。
現在は特に何も記載しなくても問題はなく、昔の名残です。
また、縦書きか横書きかでも様相は異なります。

近年は封書は社名が印刷されている封筒にラベルに出力した宛名を貼り付けるのが主流となっているため、こうした習慣も徐々に廃れていきつつあります。

しかしながら、正式な文書を発送する際には必要なしきたりであることは、知識として知っている必要があります。

封書の中身

ビジネスレターの場合、重要な文書の発送の場合追跡できる様に簡易書留や特定記録郵便を利用します。
出した郵便を確実に届けたい時に利用するもので、郵便局に出向いて手続きをします。

重要書類の場合、封筒の表に「親展」といれるか、最重要にランクされる契約書類などの場合封緘印(ふうかんいん)が押印されます。

企業の場合料金後納郵便の印が押してあるため、企業の場合切手が貼られないケースがあります。
ビジネスレターの場合、合理的であることが優先されるため、宛名は印字であることも許容されます。

メール便

現在、郵便は郵便局の独壇場ではなく、宅配業者によるメール便が一度に多くの業者に同時発送する場合は使い勝手が良いと評判です。

PCにアプリをインストールし、印字するためのラベルも無料で業者から配布されます。
より簡便に効率的になっているのです。