1. >
  2. >
  3. 敬称の使い分け方

敬称の使い分け方

役職名

敬称は通常は「様」で良いのですが、時として使い方に違和感を覚える事があります。
それは役職に様を付けたり、社外からの電話の対応で身内の名前に役職を付けてしまうなど、日常的に頻繁に目にしたり耳にしたりします。
腕時計
社長様や専務様、部長様という言い方は日本語として間違っています。
役職には敬称と同等の意味合いがあるため重複してしまうからです。

ですから社外の電話に「○○部長は外出しております」というのは、身内に敬称を付けているのと同じ意味になってしまうので注意が必要です。

メールと手紙

メールや手紙の宛名も同様に注意が必要です。
部署名の後ろに役職をつけ、改行して氏名に様を付けるのが一般的です。

例えば他社の社長あてのメールや手紙の場合、「株式会社○○(改行) 代表取締役社長(改行) ○○様」となります。
口頭でも良く「社長様はいらっしゃいますか」という問合せがありますが、文書にする際は不適切となります。

社員が社長にメールを出す際に躊躇するのが敬称をどうするかということです。

大きな企業の場合、社員が直接社長に連絡する事は滅多になく、秘書を通してやり取りをするため、いざ社長にメールや回覧をする際に悩むことになるのです。
社内の場合は○○社長で充分です。

様と殿

相手の名前が分かっている場合とそうでない場合で異なってきます。
団体に宛てた手紙やメールの場合、株式会社○○御中となりますが、さらに特定の部署に宛てた場合「株式会社○○ センター長殿」など、役職の後ろに敬称を付けるケースはあります。

しかしながら、○○センター長殿は前述の通り敬称が重複するため不適切な表現となります。

社内の場合は社長の例と同様で、例えばセンター長宛の場合は「○○センター長」になります。
最近は役職で呼ばない企業が増えているため、社内では本部長(部門長)以下は苗字に「様」か「さん」を付けるのがスタンダードとなりつつあります。

普段から役職で呼ばれていないのに、メールや回覧だけ役職がついていることに違和感を覚えるという声も聴かれます。

社内ルール

外資系の場合、役職名を使うことは滅多にありません。
企業により異なりますが、ファーストネームにさん付けでも失礼にならないケースもあります。
また「さん」で統一しているところもあります。

この様に、企業によって社内での敬称についてはそれぞれのルールがありますので、社内ルールに従えば良いだけです。
中途採用の方や、派遣、業務委託の場合、しばらくは社内ルールに慣れるまで時間が掛かることもあります。

殿の使い方については、より注意が必要です。
正解不正解は別として、日本人の暗黙の了解の中に「殿」は立場が下の者に対する敬称であるという認識があります。

したがって年功序列の企業で若い社員が役職を持つ社員に対して「殿」を使うと、失礼に当たる可能性がありますので避けた方が良いでしょう。