企画書

アイディアをどれだけ上手くプレゼンするか

ファイル
企業のイメージアップ、売り上げへの貢献、新商品の開発など、企画書には様々なものが存在します。
また、企業は常に限界へ挑戦をし、新分野を開拓しフィールドを広げていったり、もともと企業のもつノウハウを生かした新商品づくりが欠かせません。

消費者はシビアに選択をするため、激しい競争に打ち勝つアイディアが常に求められているのです。

企画書の多くはパワーポイントで作成されます。
その理由は、ビジュアルでより分かりやすい提案が求められているからです。

アイディアを生み出す力が何より重要ですが、社会では伝える能力がなければ如何に優れたアイディアでも存在しないのと同じなのです。

スライド

企画書は単に書類を提出するのではなく、スライドを使って会議室で発表するためのツールです。
PowerPointが使いこなせない場合は、特異な同僚や部下に任せ、どの様な構成にするのか、使用する画像などを用意すれば良いでしょう。

要は自分で企画書を作る事よりも、良い企画書をチームで作る事が重要なのです。

目的はメーカーの場合ならば営業推進に他なりません。
滞る水は腐ると言われる通り、常に流動的なビジネスシーンにおいて、新商品を開発できない企業は廃れていくのみです。

昔は誰もが好んで購入したお菓子も、常にバージョンアップしていかなければ、いつしか店頭から消えてしまいました。
時の流れと共に味覚がより敏感になった消費者に受け入れられる様、開発は企業が成長する要となります。

新鮮さ

社員を感心させられなければ消費者に興味を抱かせる事はできません。
企画書はCMの基礎となるものなので、新鮮さが重要なカギとなってきます。
どこかで見たような企画では食いつく人は一人もいないでしょう。

良いアイディアが浮かんだならば、どの様にビジュアル化するか、創作能力も試されます。
企画書は見るものの脳に何らかの刺激を与える事ができなければ失敗です。

アイディアをより具体的な形で表現するノウハウは、様々な企画書を見て学ぶしかありません。

商品に合ったイメージ

例えば健康器具を製造販売しているメーカーの場合、ターゲットは一般の消費者です。
企画書の段階であまりにも硬すぎるイメージでは、社内での受けも良くありません。

全体的に健康をイメージさせるデザインで、砕けすぎて企業イメージを下げることの無いような仕上がりが期待されます。

企画書が、結果的には販促ツールの土台となる可能性がありますので、この段階で何を強調したいのか、従来品との機能の差がわかりやすく目視できる対比表を作るなど工夫が必要となります。

結果的に、いかに人目を引くかが評価の分かれ目となるのが企画書です。
フローチャートを利用し、各部門がどの様に動けば良いのかが分かりやすい形にします。